何気にスチーム

好きなスチームゲームの自分用メモです。

何気にスチームのページ

Mount&Bladeシリーズのページ

mont002.hatenablog.com

 パラドゲーのページ

mont002.hatenablog.com

箱庭ゲームのページ

 2021年5月初旬現在はFounders' Fortuneかな?

 

mont002.hatenablog.com

Fondationのページ

箱庭ゲームでRW以来、最高にはまりました!

 

キャラが可愛すぎる(笑)

平和・無病息災の何が悪いの?

 

mont002.hatenablog.com

 

Valheimのページ

「 時間が溶ける」ゲームです!

 

mont002.hatenablog.com

 

Borderlands2のページ

”3”をやってる友人に勧められて「先ずは”2”」を

と思ったけど、リアル事情で中断したらそのままに(苦笑)

 

既に”3”を買ってあるのになあ・・・。

 

mont002.hatenablog.com 

Terrariaのページ

見た目に騙されてはいけない秀作、

そして”はまりゲー”~♪

 

・・・でしたが、ラスボス;”Moon Lord”退治後に中断。

2周目(エキスパート)、3周目(マスター)突入には

クールタイムが必要か?(笑)

 

mont002.hatenablog.com

 

 RimWorldのページ

 箱庭ゲームの定番化。

見た目がいまいちだけど、それが気にならなくなる秀作!

 

MODを入れ過ぎて、訳が分からなくなりました(苦笑)

 

mont002.hatenablog.com

Grim Dawnのページ

 

見下ろし視点なので3D酔いもせず、

大昔の創成期の”ディアブロ”を思い出しました。

 

mont002.hatenablog.com

Mount&Bladeシリーズのページ

◇Mount&Blade

 

https://w.atwiki.jp/mountandblade/

 

◇Mount&Blade;Warband

 

https://w.atwiki.jp/warband/

 

このM&Bシリーズは友人に紹介されて初見だった時は

「なんじゃ、こりゃ~? どうやって操作するの?」

と大人数の軍隊同士がリアルに戦場で闘い合う姿に

衝撃を受けたものでしたが、

 

慣れてみると兵隊育成RPGであり、

”コンパニオン”と言うチャンピオンNPC集めのゲーム

でした(笑)

 

はまることははまる。

 

◇Mount&BladeⅡ;Bannerlord

 

https://w.atwiki.jp/bannerlord/

 

待ちに待って、遂に昨年発表されたシリーズの続編!!

 

これも開発デモを見た時はさらなるリアリティ度のアップに

興奮と期待しまくりでしたが、

 

早期アクセス版を軽くやった限りでは

「前作シリーズとはそんなに違わない」感じ。

 

重くなっただけ?とも思う。

 

Foundationで初見で迷ったこと(個人的メモ書き)

◇ 個人的に初見で迷ったことメモ書き


<生産関係>
〇鉱山

鉱山=鉄鉱石の採掘の始め方

1;先ず、王の執政官に鉱脈調査をさせる。
2;鉱脈を発見した土地(岩山の下とか)を購入
3;鉱脈を左クリックすると鉱山建設ガンプがPOPする
4;編集でパーツ選択し、建築を開始する。

一つの鉱脈で2つ鉱山を建築できる。

 

〇ステンドグラス

ステンドグラスは彫刻同様に建築士からの派生の彫刻作業場
で作るものなので作業場を建築し、担当者を指定しないと製造されない。


〇塔の高さ調整

塔の高さの調整は左クリックで位置を仮置き後、
黄緑の△▽を左クリックでドラッグして上下する。


〇生産時のアニメーションが消えていた問題


  〇漁師が船を使わなくなった!
〇風車が回らなくなった!


上記以外の全ての生産時のアニメーションが消えていた。


そもそも生産品在庫がいっぱいで作らなくなっていた模様。

在庫をストック以下にすると生産アニメも復活する。

 

〇宿屋の売上収入はラウンジだけではだめで調理場を設置(コック1人)しないと上がらない。

 

<設備開放など>


〇1人目の”平民”初昇格で

羊毛>機織り>仕立て屋、

牧場>チーズ工房、雑貨マーケットなど開放

 

〇1人目の”市民”初昇格で金の精錬所、宝石工房、ガラスの精錬所まで開放。

次の樽工房、ホップ農場、ビール醸造所、教会開放には平民20人必要。

市民には贅沢品が必要=>はちみつ(=交易で入手)

 

〇市民10人で修道院、税務室、傑作噴水など開放。


修道院で”前 ”になった昇進者が出て”聖堂”を開放。
村に巡礼者が新たに加わるようになる(失業者枠とか別枠)。

 

〇設計図(軍事ミッション至難の報奨)は執行官が仕事を与えられて読む

>古い素朴な教会、騎士の彫像,ローマ教会開放など


〇教会への実績59(50以上)で荘厳のステンドグラス開放
=新しい交易ルート開放のアナウンスあったが見当たらない

>荘厳のステンドグラスを1個設置で1つ交易ルートが開放された!

パラドゲーのページ

◇CK3

 

実は昨年買って放置したままだったCK3(Crusader Kings Ⅲ)も

今週から初めてみています(苦笑)

 

すっかりゲーム紹介のYoutuberの人たちの動画に”踊らされている”感じ(笑)

 

まあ、前作CK2も数年かけてDLCだけを集めた挙句に

さわりだけやって終わったので長続きするかは微妙ですが、

 

パラドゲーは日本の某K社の薄っぺらい歴史観や戦史感とは違い、

 

それなりの歴史研究に一部基づいたところも無きにしも非ずなので

(バタバタのところやきな臭いところもあるにはありますが)、

 

連綿と血統を紡ぐことを重視している家系ありきの人間史のゲーム化なので、

 

これでも史学科の出身でありながら、学問の本道を外れて異業種に飛び込み、

 

金にならないディープな歴史の裏側世界を趣味的に嗜むことが

大好きな人間としては本来はドはまりのはずなんですが、

 

なんか治政とか権謀術数を使用するとかが相変わらず面倒なことと、

 

次第に単調な数の論理で勝負がつく戦争の流れとか、或いは

 

例えば地名表記が当時の情勢ではなく、現在の国境ベースとか、

 

(例えばフランス語でアルザス、ロレーヌと言う現在のフランス国境の東端の

広大な地方は、中世のほとんどの時代はドイツの歴史的政治・文化圏であったので

正解はエルザス、ロートリンゲンなのに、それをフランス語文化圏にする設定

する現在のフランスへの忖度が納得できないとか(苦笑))

 

歴史誤認とか(そもそも1066年には”神聖”ローマ帝国という呼称すらない(笑)

ローマ帝国か帝国を名乗っていた)、

 

自分なりの歴史認識との違いが感に触ったりして興醒めする所為でもあるんですがね。

 

 

しかし、今回はそう言う”ちいっちゃいこと”も脇に置いて久々に挑戦してみた訳です。

 

また、チュートリアルアイルランドから始めるとアイルランド島統一で

厭きそうなので、

 

1066年の、例の西欧史では有名なエポックメーキングの年に

(ノルマンコンクエストの年)

 

当時は超弱小のいちド田舎アールガウ伯爵領・領主であった

ハプスブルク家のヴェルナーでやって、

 

どこまでそれらしくできるか、つまりは神聖ローマ帝国皇帝に成り上がれるかを

やってみようと思った訳です。

 

 

 そう言う訳で、先ずは史実に反して南東端へ向かわずに、

西のフランス方面に向かってブルグントを統一して拠点にしたり、

思いっきり、南下してイタリア征服も考えていたんですが、

 

兎にも角にも伯爵領1つの開始なんで先ずはスイスの領域の統一

を優先ですね。

 

しかし、

 

北のチューリッヒ方面がシュヴァーベン地方を強力な同盟網の

そこそこ神聖ローマ帝国の有力諸侯に抑えられていたので

出るに出られず、

 

結局は前述の通りにフランス側の西方へ向かい、

ベルン併合からヌーシャテル、ドル、ブレスと4伯爵領を併合したところで

1091年にヴェルナー伯爵が御臨終になったのでありました。

 

二代目の息子オットーがいきなりトランスユラニア公爵を名乗り

(システム上、公爵に爵位UPする方法が最初わからなかったために

先代の時に公爵領化しなかっただけですが、

 

実はそれなりの規模の複数伯爵領領有で領国クリックで公爵領化の選択画面が出た)、

 

さてこれから5か国目の併合(都合6か国領有・・・途中に領有国制限に

引っ掛かったのでドル伯領は臣下に渡しましたが)

にどこを狙うかと思案しつつ国力を貯めていた矢先の1096年、

 

オットーがいきなり神聖ローマ帝国皇帝に推戴されて即位とは!!!

 

ザーリアー朝のハインリヒ4世(例の”カノッサの屈辱”の)逝去の結果なんですが、

いきなりハプスブルク家に皇帝が来たか(笑)

 

史実のホーエンシュタウフェン朝を飛ばしてしまった!!!?

 

 

いつの間に皇帝候補になっていたのやら?

 

史実のルドルフ1世がローマ王(事実上のドイツ王)になった時でも180年、

神聖ローマ皇帝としてはフリードリヒ3世やマクシミリアン1世からも

400年ほど早いやんけ(笑)

 

 

しかし、まあ、その選ばれた理由が史実同様、

有力諸侯同士が牽制し合いによって自分が就くに就けず、

 

弱小安全牌・人畜無害の領主故にお鉢が回って来たパターンなので、

これはこれで納得と言うか、感動してしまいましたよ(笑)

 

やるなあ、パラド!!!

 

しかし、これ、

 

いきなり最終目標としていた神聖ローマ帝国皇帝になってしまったので、

 

すっかり継続意欲が萎えたのですが・・・・・ネェ・・・(苦笑)

 

この後、どうしましょう?(笑)

 

*パラドゲーはParadox Interactive社製コンピューターゲームの略称

箱庭ゲーム(その他)

 ◆◆◆ 私がドはまりしたその他箱庭ゲーム集 ◆◆◆

 

◇Founders' Fortune

 

2021年5月13日現在はこれをやっています。

昨日買ったばかり(笑)

 

作者が「Sim4とRim Worldの影響を受けた」と言っているらしいけど、

もろその通りですね。

 

街造りまでは行かないせいぜいが10人未満の家造りゲーム。

 キャラは可愛いので”あつ森”好きははまるかも?

 

◇Kingdoms Reborns

 

これも箱庭ゲーム界の某有名Youtuberの人のお勧めのゲーム。

 

街の施設作りの前にカードをめくって選ぶのはボードゲームっぽい。

実際、マルチ対応の複数人でやれば面白いかも?

 

こっちはDistant Kingdomsと違って完成度が高いところが高評価

できます。

 

Banishedの正統な後継者を自負しているのかは知りませんが、

それっぽい名作かも知れません。

 

今後、こっちをメインにやるかも?

 

とにかく”Foundation”をやり尽くしてから次のゲームを模索中(笑)

 

 

◇Distant Kingdoms

 問題作!

 

箱庭ゲーム界の某有名Youtuberの人の2021年のお勧めベスト10上位

に入っていたので発売日5/5に購入してみました。

 

・・・が・・・・・・

 

「街造りゲーム+RPGが売り」ってことだけど、

RPG要素は新エリア開放のために、酒場で人を4人雇ってパーティー編成して

冒険=探索に出るというところまでで、

 

その中身はテキストベースなのでいまいち冒険要素が薄い。

 

街づくりの方はBanished以降の既存のシステムの良い所取りを狙った流れのままで

目新しさなし。

 

街を発展させるための新設備開放のためには

Rim World同様に研究が必須だけど、

 

その設備の研究項目を開放するためには上位階級の人間の数が

必要になる(Foundationと同じ)。

 

さらに同じく、上位の階級の人間を定住させるには

彼らの満足度の維持が必須となるため、

 

生活必需品の品目にプラスして、

より生産のハードルが高い(=必要要件の多い)贅沢品を

延々と提供して行かなければならない訳です。

 

この満足度を維持する要求を叶えないと満足度が下がって

住人が街を去るのもFoundationと同じです。

 

 よって、

 

ひたすら、「開放が先か、離散が先か」のいたちごっことなります。

 

 

 

 

 街を発展させる新設備開放のために上位階級の住民と専用の住居を

増やす必要があり、

 

そのために、

 

さらなる研究を必要とする贅沢品の生産を要求され、

 

そこそこ人口も増えて街も発展し出すとそこからさらに街を発展維持させるためには

さらに次の上位の新設備の開放を要求され、

 

そのためにさらに次の上位の階級の人も家も増やし、

 

 

 

一方で設備によっては運用するために必要な階級が違うために、

 

レベルアップさせて減ってしまった下位の生産設備を支える

下位の階級の人口維持もしなければいけない罠。

 

 

 

 ひたすら研究と家作りに追われるブラックな労働が続くパターン(笑)

 

 

気忙しいゲームです。

 

 

つうか、それ以前にとにかく起動に時間がかかるし、メモリを吸い取るし、

やたらと重いのでまだまだ開発途上品ですな。

 

 とにかく今どき、ここまで起動が遅いときついです。

 

日本語も現在非対応(対応予定はある)で英語で長いテキスト読むのが

面倒でもある(英文の内容は簡単)。

 

期待値が大きかっただけに辛口批評です(笑)

 

 

*参考;住民の階級

Residents>Citizen>Artisan>Noble

 

 

◇Kingdoms&Castles

 

2021年4月下旬にややはまっていました。

 

これはFoundationよりさらに簡単系。

一応、ドラゴンとバイキングの襲撃ありのシステムが評価できます。

 

”街開発の目的が襲撃への備えがメイン”というのは

”7Days2Die”的か?(かなり大きな意味では(笑))

 

この手のゲームは遊び易いので取っ付き易いのですが

厭きも早いのが欠点ですね。

 

kingdomsandcastles.wikiwiki7.com

◇Cities:Skylines

 

以前から存在は知っていたけど敢えて傍観していましたが、

”ハヤトの野望チャンネル”さんを観てやりたくなった。

citiesskylines.wiki.fc2.com

◇Banished

 

近年の箱庭ゲームの金字塔的存在。

 

banished.wiki.fc2.com

 

Foundationのページ

 皆さん、毎度お疲れ様です。

 

リアルが多忙になると逆にストレス発散にゲームに逃避する今日この頃(苦笑)

 

2月中は久々にドハマり感漂う世界的にも絶賛ヒット中の

 ”Valheim”にハマり”かけ”ましたが、

 

余りにも何を準備するにも時間が解ける本格的サバイバルゲーム度に

少々疲れ(まあ、チートモードなしのソロでの限界も感じつつ)、

 

間違いなく秀作には違いなく、嫌いではないのですが(むしろ仕方なく)

一旦攻略進行を放置状態にしている中、

 

その”Valheim”で冒険を進めるよりも基地建築にドハマりした延長線で、

 

「箱庭ゲーム」がやりたくなった次第(笑)

 

 

 結局、自分的に”Rim World”が箱庭ゲームの中では金字塔なのですが、

 

今回は前述のValheimに感化されて中世欧州の箱庭ゲームの

”Banished”と”Foundation”を2つ選んだ次第。

 

 

まあ、”Banished”は王道の箱庭ゲームなので目新しさはなかったの

直ぐに放置。

 

逆に評判がいまいちな”Foundation”をやってみたのですが、

 

これがまた、自分的にはドハマりゲームでした(笑)

 

 ”Banished”の劣化版や簡易版的な評価もありますが、

いや、それのどこが悪いの?っていう感じです(笑)

 

f:id:Mont002:20210429124425j:plain

最初は8人の農民から

 

 

やがて500人、1,000人を超えて行く人口~!
 

 

しかも、かなりズームアップすると人や街、草木などの自然、器具・道具まで

細かい作り込み度が鮮明になります。

 

f:id:Mont002:20210429105523j:plain

1200人超えてからさすがに重くなった!

 

つうか、たぶん、これ所謂”街開発シミュレーションゲーム”の範疇のゲームではあるのですが、実は”そうではない!”と個人的には思っております。

 

よく「街作りが軌道に乗ったらすることがなくなった」とかのレビューも

STEAMのストアページでは目にするのですが、

 

”軌道に乗ってからが本番のゲーム”だとも思っております。

 

さらに言えば”ゲーム”と言うよりまさに”自分の箱庭”ですね(笑)

 

ニュアンス的に伝わりにくいかも知れませんが、

 

”中の人形が動くジオラマ模型”ですかね?

 

鉄道模型ジオラマに通ずるものがあるのかなあ?

 

f:id:Mont002:20210429124712j:plain

街の市場の片隅から



 どういうことかと言うと、究極の街の完成がゲームの目的ではなくて、

自分なりの世界を作って行くその過程を楽しく傍観するゲームと言うか

”動くジオラマ模型”です。

 

自分だけの箱庭を作って一人、悦に入る”人形が動く模型ジオラマ”です(笑)

 

 

 

そして”動く”ことが面白い!

 

もちろん動くのは地形ではなく、人形ですが(笑)

この動きがいい~♪

 

単純に休憩>仕事>欲求を満たす>休憩を繰り返しているだけなのですが、

これがそれぞれにしっかりと設定と意味がある。

 

まあ、人数が多くなると時々”彷徨う”のが出るのが玉に瑕ですが(苦笑)

 

3月中1カ月間はほぼはまって、リアル期末地獄を加速させた主犯?です!!!

f:id:Mont002:20210429105403j:plain

小麦畑

 

 

現在、ほとんどの情報がYoutubeTwitter頼りで未整備な感じですが

(プレイ日記も少ないので)、

 

唯一、ほぼほぼWIKIなのがここ(↓)

 

foundation.wiki.fc2.com

 

(↓)MODを入れまくって、さらに作り込む場合はここ

foundation.mod.io

 

ジオラマ好きには最高にお勧めのゲームなんですがね?

 

 

 

f:id:Mont002:20210430094040j:plain

酒場を作ったら、1回だけ現れる吟遊詩人~♪

 

 

mont002.hatenablog.com

沼発見!

毎度です。

 

前回、やっと2番目のボスの”長老”を退治してから

大分、時間がかかったと言うか、久々の記事UPですが、

 

この間、沼へ行く準備(毒耐性酒造り)とか

本拠地改築とかで忙しく(さらにはリアル繁忙もあって(苦笑))、

 

時間が出来たら少しずつ、沼の場所の探索を続けておりました。

 

 

自分のMAPではどうも西方側で”山”にぶつかる所が多いので、

沼は東方側の海の先の島だろうと予想して筏で漂流を続けるも

ここ数日間、なかなか沼を発見できませんでした。

 

&探索よりも拠点改造とかも面白いので

ついついそっちに流されますしね(苦笑)

 

 

っと言う状況でしたが、

 

平日に休みを取った本日、

 

やっと発見しました!!!!

 

やはり、東北方面だったか!

 

f:id:Mont002:20210303112256j:plain

(↑)黄色い囲み内が”沼”エリア

 

ってことで先ずは拠点を作ってから活動開始ですの

さてさて・・・・

 

・・・っていつになったら3番目のボスの”大骨”まで行けるのかな?(笑)

長老撃破!

 皆さん、毎度です~!

 

そういう訳で昨日居場所を発見し、

渡海して辿り着いた南西にある島の黒い森の中の祭壇で、

本日、古代の種3個を使って長老を召喚し、初めて対戦しました!!

 

f:id:Mont002:20210226214507j:plain

長老戦その1

昨日のUPDATEでボスが強化されたと言うことですが、

この序盤の2番目のボスまで強化されたのかは不明!

 

なので、遠隔のツタ攻撃と根っこ攻撃に注意と言う情報に従い、

 

&見た目も木の精霊っぽくて炎耐性が低そうなので、

遠隔からの火の矢での弓攻撃をちまちまと15分ほど行ってHPを半分まで削る。

 

なんかこの方法でも行けそうですがここで火の矢を100本使い切ったので、

海辺のポータル設置基地から本拠地(BASE1)に戻って火の矢を150本追加作成

してきました。

 

この中断の間も”長老”のHPはほぼそのままだと言う有難い仕様~!

(微回復はあったかも知れませんが)

 

また火の矢をちまちまと撃っていたのですが、

なんか青銅の斧を使った近接攻撃=斬撃でも行けそうな気もして来たので、

 

後半は突撃!!

 

f:id:Mont002:20210226215425j:plain

長老に近接攻撃!

張り付きで行けました~♪

さすがまだ序盤のボス也!!(2番目)

 

まあ、直前にセーブデータをバックアップしたので

死んだら丸ごとやり直しのつもりでしたが、

なんとかうまく行きました(苦笑)

 

f:id:Mont002:20210226215719j:plain

長老撃破!!

これで長老のトロフィーと祭壇の鍵をGETできました~♪

 

次は”沼”の探索開始ですか!?

またまた時間がかかりそうですなぁ(苦笑)